«前の日記(2013-06-23(Sun)) 最新 編集

[email protected]



2013-08-30(Fri) [長年日記]

_ 書評『日本が「世界で戦う」ために必要な話し方』

レビュープラス経由でいただきました。

著者は国内金融機関を経て、欧州系投資銀行に転職したという経歴の持ち主。その後、グローバル企業に管理職として入社し、グローバル企業15年、アメリカ在住5年の経歴を持っているそうです。

海外の企業に入社した当初は、日本流のコミュニケーション手法が通用せず、ずいぶん苦労したそうですが、外国人上司のやり方を徹底的にマネし、個性的な同僚たちに揉まれながら徐々に自分なりの生き残るためのコミュニケーション手法を確立していったとのこと。

本書ではこうして著者が身につけ体系化した「世界標準」のコミュニケーション術が紹介されています。

本書を読むと、グローバル企業になるということが「英語が公用語」といったレベルのものではなく、もっと根本的なレベルから考え方を変えないといけないということが分かります。

現在の勤め先は純然たる日本企業ですが、なるほどと頷ける記述が多く、勉強になりました。エッセイ的な語り口なので読みやすかったのも良かったです。

第1章では、下記の世界標準のコミュニケーションのための7つのルールが紹介されています。

1. 多様性:「お互い違うのが当たり前」がスタート地点

あらゆる背景を持った社員がいるグローバル企業は「多様性」のある組織であり、自分の常識と他人の常識が違うのは当たり前なのです。

なによりも先に「お互いが違うのが当たり前」ということを考え方を身につける必要があると著者は述べています。

2. リスペクト:相手の価値観を尊重することから始める

世界において「違い」は「間違い」ではないのです。違いとは、尊重すべき際や個性だと言えるでしょう。

違いを認め尊重するやり方がグローバル的な考え方だそうです。「出る杭は打たれる」なんてことが言われる日本企業では喫緊な問題でしょう。

3. リアクション:会話で「間」があくのは放送事故だと思え

欧米では会話はテニスのようなもので、お互いにテンポよく言葉を交わし合うのがルールです。

だから、相手から「会話のボール」を渡されたら、すぐ返すために、理解される文章を瞬間的に作るための「瞬間作文力」が必要というのが著者の主張ですが、なるほどと思いつつも、「欧米 == グローバル」なのか、「『会話のボールをすぐ返せない』という『違い』を認めることはないのか」とちょっと疑問に思ったりもしました。

4. 理由:「なぜ」好きか、「なぜ」嫌いかをはっきりさせる

会話を弾ませる秘密として、「自分の意見には必ず理由を付ける」

なぜそう思うのか、という理由の部分にその人らしさ(価値観)が一番出るからとのこと。日本人の「好き嫌いは言ってもその理由まで説明することがない」という習慣が、物事の因果関係をあいまいにし、論理力のなさに拍車をかけているというのが著者の主張です。考えたこともない視点で新鮮でした。

5. 主張:言いたいことは必ず口に出せ

グローバル企業では、自分の主張ははっきりと言葉に出し、会議の席でも発言することが求められます。

日本企業の会議では「出ているだけで発言なし」なんていう出席者(私とか!)がままいる訳ですが、グローバル企業では参加態度が悪いと評価されるそうです。

また、グローバル企業では、その場で出なかった意見、質問はなかったものとされるとのこと。

参加者には強い意識で参加することが求められている訳ですが、反面、本書の別の箇所では、自分にとって参加する意味がないと思われる会議には参加することを断ることもできるという指摘されています。基本的に全員参加が求められる日本企業の会議よりもよほど効率的な気がします。

6. 二者択一:返事には「イエス」か「ノー」しかない

グローバル企業の会議では基本的に、参加者が取ることができる立場は賛成のイエス、反対のノーのしかないのです。

日本企業における「いいかもしれないですね」「考えておきます」といった言い方は通用しないとのこと。

さらに、単純な「イエス」「ノー」は現実的ではなく、「営業第3部がスポンサーAの了解を取りつけること、および、協賛金◯◯円を集めること」のように付帯条件をきちんと挙げた上で、条件つきでイエス、ノーをはっきりいう人が高く評価されるされるそうです。

また、一度決めたイエス・ノーは絶対との注意点も書かれています。日本人のように最初にイエスと言っておいて、あとで結論をころっと変えることは信頼を失うそうです。海外との商取引で日本が他国に抜かれるなんていう話をよく聞きますが、ここの問題かもしれません。肝に銘じておきたいところです。

7. 自立:世界標準のコミュニケーションが生まれる背景

欧米人がイエス・ノーをはっきりさせる背景には、小さい頃から、「自分の態度をはっきり決めなさい」と教育されていることがあります。

自分なりの意見をしっかりと持ち、自分で自分の立場をしっかりと決めることができるようになることが「自立している」と考えられているそうです。だからこそ、イエス・ノーを鮮明に、自分の意見を持っていることが職業人として最低限のマナーと考えられているそうです。「欧米人」と限定しているところはひっかかりを覚えますが、深く頷ける主張でした。

その他、効率的な会議の進め方、エレベータピッチの作り方など、日本企業に勤めていても役に立つ内容が多く、読んでよかったなと思わされた一冊でした。

Tags: 書評