«前の日記(2013-03-31(Sun)) 最新 次の日記(2013-06-07(Fri))» 編集

[email protected]



2013-06-06(Thu) [長年日記]

_ タスク管理をRemember The MilkからToodledoに乗り換えた

Remember The Milk(以下、RTM)を使いはじめてどれくらい経ったんだろう? と疑問に思って、自分の日記をググってみたところ、RTMについて言及した最古の日記は2007年9月ぽい。うわー、もう、6年近く前ですよ……。*1

2013.06.07追記 と思ったら2006年7月みたい。7年前かー。

ずっと無料でお世話になってきたRTMだけど、スマホとの同期が24時間に1回というのが、やっぱりキツくて、GTDをする上で障害になってきたので、無料で同期をサポートしているToodledoにエイヤッと乗り換えてしまった(というのが2週間くらい前)。まぁ、Proアカウントにすればよかったんですけどね……。みんな貧乏が悪いんや……。

乗り換えの方法は公式のHow to Import Tasks from 'Remember the Milk'の手順そのまま。注意点は次の通り。

  • インポートできるファイルサイズの上限は1MB。さすがに6年も使っていると、すごい数のコンプリート済みタスクがあったので、全削除してからインポートした。
  • フォルダはインポートできないので、RTMでタグづけしてから、Toodledoでタグ検索をしてフォルダに振り分けた。

2週間ほど使ってみたToodledoのProsとConsを書いておく。

Pros

  • 無料アカウントで即時同期をサポート
  • 機能が豊富

Cons

  • RTMと比較してごちゃごちゃしている印象で、デザインが洗練されていない
  • ほぼキーボードだけでオペレーションできたRTMと違って、キーボード・ショートカットが全然少なく、マウスは手離せない
  • 多タスクのマルチエディットをわざわざ検索してから行なうという、よく分からない仕様になっている
  • Androidでは鉄板といえるクライアントがない

Consの方が多い訳だけど、やっぱり即時同期というのはデカくて、既になくてはならない存在になっている。

Remember The Milkさん、これまでありがとう。

Toodledoさん、これからよろしく。

Tags: GTD rtm

*1 W-ZERO3なんてことが書いてあるのに時代を感じるw

_ Google Taskへの乗り換えも考えた

実は「Google Readerみたいになくなったらどうしよう」と思いつつ、Google Tasksへの乗り換えも考えたんだけど、インポートという機能自体がないらしく、結局、候補からはずれた。

まぁ、なんというか、変なとこで抜けていてGoogleぽいなぁと思ったりした。

_ Kindle Storeで〈天冥の標〉シリーズが割引の上、ポイント半額還元! なので大人買いした

話によると、今日までだそうなので。

Kindle StoreでハヤカワSF文庫の一部が割引の上、ポイント半額還元だそうです。

なんと小川一水の〈天冥の標〉シリーズは既刊全部が対象! このシリーズは伏線が張りまくってあって、新刊が出る度に、ずっと前の巻から読み直したくなってしまうので、DRMという要素には目を瞑って一気に全巻を大人買いした。

全巻で実質2000円ちょいで既刊全部を入手! これでいつでも〈天冥の標〉が読めるぜ!

〈天冥の標〉はSF界の金字塔になる作品を個人的に確信しているので、未読の人はぜひぜひ読むことをオススメする次第であります。

天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (上)
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標 Ⅰ メニー・メニー・シープ (下)
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標Ⅱ 救世群
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標Ⅳ 機械じかけの子息たち
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標 Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標 Ⅵ 宿怨 PART1
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標 Ⅵ 宿怨 PART2
小川 一水
早川書房
(no price)

天冥の標 Ⅵ 宿怨 PART3
小川 一水
早川書房
(no price)

Tags: 散財