«前の日記(2012-01-15(Sun)) 最新 次の日記(2012-01-27(Fri))» 編集

[email protected]



2012-01-22(Sun) [長年日記]

_ 『解錠師』──声を失なった凄腕錠前破りの少年の青春と再生を描いた一作。今年のベスト候補!

解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)(スティーヴ・ハミルトン/越前敏弥)

邦題も悪くないが、"The Lock Artist"という原題の方が内容にしっくりくるかもしれない。芸術的といえるほどの腕を持った錠前破りの少年にした物語だ。

去年の末ごろに出版されて以来、各所で話題になっている本だが、本当に面白かった。今年読んだ中で、今のところ、ベスト(ちょっと気が早いか)。

主人公は8歳の時に声を失ったマイク。20代後半の今、マイクは刑務所に収監されている。かつて「奇跡の少年」と呼ばれたマイクがなぜ言葉を喪失し、「解錠師」と呼ばれるプロの金庫破りとなり、刑務所での9年間を過ごさなくてはいけなくなったのか。マイクが語り手となって過去を回顧する──というのが本書のあらすじだ。

物語は、マイクの二つの過去を行きつ戻りつ展開していく。

ひとつはポケベルで呼び出され、犯罪者たちに金庫破りの技術を提供する日々を送る解錠師としての過去。

もうひとつは、8歳の時の事件から伯父に引き取られてからの過去。

ミシガン州ミルフォードで暮らすようになり、学校に通いはじめたマイクだが、言葉を喋れないがゆえに孤独の中で過ごしていた。そんな彼は自分の二つの才能に気付く──それは絵を描くことと、どんな錠も開けられること。

許されざる技術を身に着けたがゆえに、マイクは望まぬままに解錠師の世界へと入り込んでいくことになる。

主人公が喋れないという制約を逆手に取って、その情感を豊かに描く筆致。解錠の妙技を指先の感覚まで伝える描写。見事だ。

二つの過去が近付くにしたがってスピードとスリリングさが増していき、8歳のマイクを襲った悲惨な事件と、手記そのものの意味が浮かび上がってくる。

ノワール小説であるとともに、青春小説であり、ひとりの少年の再生の物語である。強くオススメしたい。

Tags: 書評