«前の日記(2010-08-02(Mon)) 最新 次の日記(2010-08-06(Fri))» 編集

[email protected]



2010-08-05(Thu) [長年日記]

_ 電子書籍特集とiPhone 4パーフェクトガイド miniがオススメ ── 『MacPeople 2010年9月号』

Mac People (マックピープル) 2010年 09月号 [雑誌]

R+から、MacPeople 2010年9月号を献本していただきました。ありがとうございます。欲しい欲しいと思いつつ、いまだに買えていないiPhone 4のガイドが別冊付録でついていて、「欲しいなぁー」と身悶えつつ読みましたw

さて、印象に残った記事をピックアップ。

巻頭特集「電子書籍元年!!」

巻頭特集は、先日、iPadをいただいてから、個人的にとても興味がわいてきた電子書籍に関する特集。

紙や製版、印刷、配送といったコストが削減されるため、大幅に価格が下がるのではないかといわれている電子書籍だが、配信コストが以外にかかるというのは意外だった。また、電子書籍を普及されるには、まだまだ端末数が少ないというのも印象に残った。ちなみに、iPadの国内供給は15万台。記事によれば、電子書籍の普及には最低100万台必要とのこと。まだまだ道は長い。

電子書籍というよりは、iPad固有の問題だが、アップルの審査基準が電子書籍配信のネックになっているという現状には頷けた。性的・暴力的表現は、なんでもダメでは話にならないだろう。もし、アップルが方針を変えないのならば、電子書籍配信の主流になることはないだろう。個人的にはKindleの日本語版に期待している。マルチプラットフォームだし。

特集2「賢く選ぼう モバイル無線LANルーター」

いただいたiPadがWi-Fi版なので、無線LANがないところではネットに接続できない。そんな訳で現在、興味津々なのがモバイル無線LANルーター。ちょうどよく、特集が組まれていたので、じっくり読んだ。

速度と料金のバランスを考えると、モバイルWiMAXがよさそうだが、どんなもんだろう。まぁ、iPhone 4の支払いのことも考えないといけないので、導入するにしても、しばらく先になりそうだけど。とほほ。

「私とツレとこだわりマック」(細川貂々)

『ツレがうつになりまして』シリーズの細川貂々さんが日常生活を描く、ほのぼの漫画。今回は、Mac大好きなツレ(旦那)さんがiPadを手に入れたエピソードがあって共感しながら読んだw

別冊付録「iPhone 4 パーフェクトガイト mini」

今号の別冊付録は、iPhone 4の基本操作からオススメのアプリまで網羅した豪華ガイド。

これはいい! アップル製品には詳細な説明書がついてこないことが多いが、ご多分に漏れず、iPhone 4もそのようだ。このガイドは、充分、説明書代わりに使えるのではないかと思う。永久保存版。

ちなみに、拍子は発売が年末まで延期されていつに出るのか分からないi、Phone4のホワイトモデル。ホワイトモデル狙いだった身としては、なんとも心憎いw

オマケ・iPhone 4のアンテナ問題についてMacPeopleはどう語っているか

iPhone 4の本体左下のアンテナのつなぎ目の握ると、アンテナ感度が落ちるという問題は、アップルがケース「Bumpers」を無償配布するということ、いちおうの決着をみた。しかし、アップルは設計ミスを認めず、わだかまりが残っている。

専門誌であるMacPeopleは、この問題について、どう伝えているのか気になって、ざっと見てみた。

アップルの設計ミスを認めるべきという論調なのは:

  • 「漢エビハラの俺に訊け」
  • 「海の向こうで胸騒ぎII」(飯吉透)

逆に、Bumpers配ったんだからいいんじゃないというのが:

  • 「自腹でどん」

まぁ、当たり前だが、書く人・立場によって意見が違う。

個人的にはBumpersを無償配布したことについては素直に拍手を送りたいが(ただし、当初、問題自体を認めなかったことについては留意する必要がある)、やっぱり設計ミスだよなーというのが正直なところ。最近のアップルのユーザの利便性を無視した態度には、かなり疑問がある。

まぁ、iPhone 4は欲しいけどね!