«前の日記(2008-11-17(Mon)) 最新 次の日記(2008-11-21(Fri))» 編集

[email protected]



2008-11-18(Tue) [長年日記]

_ 『時間封鎖』は『宇宙消失』を超えた地球封鎖SFだ!

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)(ロバート・チャールズ ウィルスン/Robert Charles Wilson/茂木 健)

時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)(ロバート・チャールズ ウィルスン/Robert Charles Wilson/茂木 健)

2006年度ヒューゴー賞(長篇小説部門)に見事輝いたロバート・チャールズ・ウィルソンの長篇SFが本書。

掛け値なしに、これはスゴイ本だ。 今年読んだ翻訳SFの中でもベスト級の太鼓判を押せる大傑作である。

突如、夜空から月と星々が消えた。 正体不明の界面が地球を包み込んだのだ。

……という導入からは、SF者であれば、グレッグ・イーガンの『宇宙消失』が想起されるのではないかと思うが、『宇宙消失』と本書の相似点は「地球が閉鎖される」*1という一点だけ。 前者が単に(というのも変だが)閉鎖されているだけなのに対して、後者の地球では時間の速さが外界の1億分の1になってしまうという効果が付随するのだ。

贋物とはいえ、太陽が毎日昇ることが分かり、徐々に〈スピン〉と呼ばれるようになった境界に慣れはじめた人類は時間傾斜の効果が明らかにされるにつれ、気付きはじめる。 このままの時間の流れが継続すれば、人類よりも先に太陽が寿命を迎え、赤色巨星と化した太陽に地球が呑み込まれることを──。

ストーリーは逃亡生活を送る医師タイラー・ディプリーが過去を回顧するという形で綴られていく。 本書の核となる登場人物はこのタイラーと、兄弟同然に育ったダイアンとジェイスンのロートン姉弟の3人である。 優れた知性と行動力を持つジェイスンは父親の政治力を背景に、〈スピン〉の謎を解明すべく、NASAを吸収した宇宙機関〈ペリヘリオン〉を指導する立場へ就く。 一方、ダイアンは〈スピン〉への恐怖から終末思想を信じるキリスト教原理主義へと傾倒していく。

そこに幼い頃からダイアンへの恋心を抱いていたタイラーの想いが絡み、人間ドラマが織り成されていくのだが、SFとこの人間ドラマを両立させているところに、作者ウィルソンのスゴさがある。 あまりに人間ドラマを重視すれば、SFとしての面白さが削がれるし、SFばかりを書き込めば、完全にマニア向けの作品となってしまう。 その中間を行く絶妙な匙加減により、本書は単なるSFを超えた作品へと昇華されているのだ。

もちろん、SFとしての面白さもおさおさ怠りない。 時間の加速を逆手にとった火星テラフォーミングをはじめとする大ネタが炸裂し、文字通りの〈火星人〉まで登場してしまうのである。

〈火星人〉に ウェルズの『宇宙戦争』、バローズの『火星のプリンセス』、ブラッドベリの『火星年代記』、ハインラインの『異星の客』、ロビンスンの『レッド・マーズ』(『ブルー・マーズ』の翻訳はまだでしょうか? > 東京創元社様)を読み物として渡すシーンには、SF者であれば、ニヤリとさせられるに違いない。 さすがは

少年時代からハインライン、ブラッドベリ、スタージョンといったSF作家を読み耽り、かれらのスタイルが合成されたような作品を書きたくて執筆活動を開始した(p.360)

というウィルソンである。

広げた大風呂敷をきっちり畳むラストに感心していたところ、訳者あとがきを読んでびっくりさせられた。 なんと本書は三部作シリーズの第一弾だというのだ。 つづく、AxisVortexの二作品で本書で提示された謎が明らかにされるらしい。 Axisは既刊、Vortexは脱稿済みとの由。 東京創元社さんには、とりあえず、Axisの一刻も早い邦訳出版を心からお願いしたい。



時間封鎖

  • ロバート・チャールズ・ウィルソン/茂木 健 訳
  • 東京創元社
  • 987円
Amazonで購入
書評/SF&ファンタジー

時間封鎖〈上〉 (創元SF文庫)
ロバート・チャールズ ウィルスン/Robert Charles Wilson/茂木 健
東京創元社
¥ 987

時間封鎖〈下〉 (創元SF文庫)
ロバート・チャールズ ウィルスン/Robert Charles Wilson/茂木 健
東京創元社
¥ 987

*1 『宇宙消失』は、正確には「太陽を中心とする半径120億キロ」

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ naijel (2009-01-28(Wed) 21:52)

どちらの小説にもマーカス・デュープリーという人物がでてきているのがひっかかかる