«前の日記(2008-05-10(Sat)) 最新 次の日記(2008-05-13(Tue))» 編集

[email protected]



2008-05-11(Sun) [長年日記]

_ 蒸気駆動の少年 (奇想コレクション)(ジョン・スラデック/柳下毅一郎)

SF作家ジョン・スラデックの短篇集。

実は、スラデックは本書で初めて知ったのだが、その芸風はSFに留まらず、ミステリーやホラーからナンセンス小説、文学までと非常に幅広いもので驚かされた。

様々な雰囲気が味わえる一冊だ。

本書に収められている作品は全23篇。 印象の残った作品を10篇を挙げておく。

  • 誰も理由が分からないままお互いにスパイ合戦を繰り広げている家庭を描き、陰謀論大好なアメリカ社会をおちょくった「古カスタードの秘密」
  • マッドサイエンティストにより車がレイプ魔となる(ただし相手は機械)という怪獣SFパロディなユーモアポルノ「ピストン式」
  • 風光明媚な休暇旅行に出掛けたサラリーマンの終わらないバス旅行を陰鬱な筆致で描く「高速道路」
  • デニケンの宇宙考古学(最近だと『神々の指紋』な?)をおちょくった「神々の宇宙靴──考古学はくつがえされた」
  • 密室トリックをこれでもかとぶち込んだメタ・ミステリー「密室」
  • テディベアをモチーフにしたホラー「小熊座」(グレートゴーストダンスなんかが登場してちょっとShadowrunを思い出した。ちなみに、あとがきによれば、ロンドン大学にあるジェレミー・ベンサムの剥製は実在するとのこと。ホント?)
  • ハインラインの『人形つかい』ぽい侵略物だが、最後に皮肉が効いている「ホワイトハット」
  • なんとも分かり難いタイムパラドックス物「蒸気駆動の少年」
  • 大人と子供が役割が入れ替わった世界を描き、レジャーにうつつを抜かす現代社会を皮肉った「おとんまたち全員集合!」
  • 突如、本が鳥のように「渡り」をはじめる「教育用書籍の渡りに関する報告書」

収録作には3篇のミステリーが含まれているが、トリックにばかり注力して、事件の背景説明等は「どうでもいい」とばかりにほとんど無視されているのには笑ってしまった。 スラデックのミステリーは売れなかったらしいが、さもありなんという感じだ。

スラデックの作品の中には世界初のゲームブックもあるらしい。 どんなもんだか、ちょっと読んでみたい気がする。 本書が刊行されたことがきっかけで訳されればいいなぁ。

_ 雨の合間に畑仕事&庭仕事

山椒

080511-165125

山椒の実はまだ小さい。 収穫は来月だね。

トマト

080511-165258

080511-165244

080511-165313

GW中に植えたトマトの苗木は順調。

Tags: 日常