«前の日記(2007-05-30(Wed)) 最新 次の日記(2007-06-03(Sun))» 編集

[email protected]



2007-06-02(Sat) [長年日記]

_ 痛いニュース(ノ∀`):“日本の怒り爆発!” 「国際捕鯨委員会(IWC)脱退も」 日本政府表明…新機関設立も

29 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/06/01(金) 11:59:16 ID:KSFdn9Fq0 さすが日本だ、軍事やアジア関連だと弱気だが 食べ物の事になると一気に豹変するぜ。

すげー笑った。

捕鯨問題は、実はよく理解していなくて、あとで捕鯨問題 - Wikipediaあたりを読んでみる。

Tags: 2ch NEWS

_ Concepts + Principles - プログラミングの原則 - Concepts + Principles - Top

素晴しい。

『達人プログラマー』、まだ半分ちょいしか読んでいないので、来週がんばろう。

っつーか、来週末はRubyKaigiやん!

Tags: 学習

_ 沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)(野尻 抱介)

宇宙開発SFを書き続けている著者の短篇集。実に6年ぶりの新刊になる。

収録作は下記の五篇。

  • 「沈黙のフライバイ」
  • 「轍の先にあるもの」
  • 「片道切符」
  • 「ゆりかごから墓場まで」
  • 「大風呂敷と蜘蛛の糸」

ページ数としては短いものばかりなのだが、どれも素晴しい出来。各所で言われていることだが、まさに世界に通用するレベルだ。

実は、書下しの「ゆりかごから墓場まで」を除いて、既読のものばかりなんだけども、どれも非常に面白く読めた。たとえネタが分かっていても、楽しめるということは、それだけ作品のレベルが高いことの証左と言えるものと思う。

珠玉の収録作品の中でも、異星の知性体にメッセージを送るための手段と、ラストで示されるビジョンが壮大な表題作「沈黙のフライバイ」、それから主人公がエロスへの第一歩を踏み出したシーンで、思わず、こちらまで涙腺が緩くなる「轍の先にあるもの」が、個人的なお気に入り。

「ゆりかごから墓場まで」も素晴らしかったが、このネタは短篇だけでは惜しい。ぜひぜひ長篇まで書いて欲しいと希望する次第。

まぁ、なんにせよ、宇宙SF好きはマスト読め! な短篇集なことは間違いない。っつーか、SF者は、俺なんかが言うまでもなく、読んでいると思うけどね。

_ 英BAE、三菱重と戦闘機の生産ライセンス供与で交渉

むむむ。空自、タイフーン買うんかねー。

Tags: 軍事