«前の日記(2007-04-09(Mon)) 最新 次の日記(2007-04-14(Sat))» 編集

[email protected]



2007-04-10(Tue) [長年日記]

_ 審判の日(山本 弘/影山 徹)

『神は沈黙せず』が面白かったので、こちらも読んでみた。

SFと言うよりはホラー寄りの作品が多い印象。「傑作!」という作品もないので、少々物足りない感じはしないでもないが、どれもそれなりの水準で楽しめた。

収録作のうちから個人的な好みを挙げると、

  • ラストの情景が強烈な「屋上にいるもの」
  • なんで中年のオッサン? という「闇の顔」
  • 『神は沈黙せず』とネタ被ってね? と思いつつも、結構面白い「審判の日」

が良かったかな。