«前の日記(2006-11-10(Fri)) 最新 次の日記(2006-11-13(Mon))» 編集

[email protected]



2006-11-12(Sun) [長年日記]

_ 軍板・「覇者の戦塵」スレのカキコが甲州ぽくて良い出来なのでメモ

谷甲州 -覇者の戦塵- 17

408 :名無し三等兵 :sage :2006/11/11(土) 00:07:46 ID:??? ケネディが天霧にどつかれた後漂流した時に、 日本軍のハードクラッカーをたまたま手に入れたら、これがんまかったなんて話、 向こうの戦記で読んだ覚えがある。「悪魔の魚雷艇」だったかな。 乾パンと水だけでがんばるって、意外とあちらさんの方が耐え抜きそうな。

412 :名無し三等兵 :2006/11/11(土) 01:06:46 ID:lm5YnViu >>408 「ん・・・ジャップの糧食か?」 ケネディ中尉は流れ着いた袋を拾い上げて中身を検分した。どうやら日本兵はこのハードクラッカーを常食と しているようだ。見たところ腐敗劣化している気配はなさそうだ。試しに少し口に含んで咀嚼してみたが問題は なかった。もっとも、腐敗していたとしても空腹と疲労が吐き出すことを許さなかったろう。 日本軍のハードクラッカーは油脂分が少なく嚥下するのに苦労することを除けば、思いのほか美味だった。 「ジャップの連中、美味いものを食ってやがる」 日本兵は戦略性のないプリミティブな戦闘集団だと司令部付将校は語っていたが、糧食の品質が兵士の志気に 及ぼす影響については米軍より良く研究しているのかもしれない。このことは空腹な今の自分の状況をさし引い たとしても鹵獲したハードクラッカーからうかがい知ることはできた。

この戦いは長引くかもしれない、ケネディ中尉は漠然とそう思った。

プリミティブ、キタコレ。

プリミティブって単語は『パンドラ』を読んで初めて知ったんだよな。

Tags: 軍事

_ Plaggerの勉強を再開 & ブログ購読をbloglines2gmailに移行した他

今までPlaggerは、SNSの日記読みと野良feedの生成にしか使っていなかったのだが、昨日からPlaggerの勉強を再開。と言っても、EFT用のYAMLの書き方も忘れてしまったんだけど(ぉ。

とりあえず、リハビリとして、ブログ読みをGoogle Readerからbloglines2gmailに移行したのだが、ものすごく便利なの。今までは、少しでも気になったエントリーは、どこで読んだのか忘れてしまうのが怖くて、なんでもSBMに登録しないと気が済まなかったんだけど、Gmailだったら、あとで全文検索はできるし、スターを付けておくという手もあるし、とりあえず読み飛ばしができるので、心理的にすげー楽。

Plaggerを導入してからの半年間、全然有効利用しないで、非常な時間の無駄遣いをしていた気がする。すげーアホだよ。 > Gmail Mobileのインターフェイスが気に食わないから、bloglines2gmailに移行しないと言っていた、半年前の俺。

っつーか、モバイル版Google Readerの方が、Gmail Mobileよりずっと使い難いっつーうの。Google Readerは、Bloglinesが止まっている間の予備だね。

あと、Plaggerの他の活用として、

をやった。今度はPlanetでも作ってみるかな。

ちょっとしたレシピを書くだけで高度なことができてしまうPlagger、最高。

Tags: Plagger

_ Haskellことはじめ(2) - 『ふつうのHaskellプログラミング』第2章

昨日はPlaggerいじりばかりで、Haskellの勉強を休んでしまった。

まぁ、急ぐものでもないので、挫折しないように気を付けつつ、ゆっくり着実に実施することにしよう。

第2章に掲載してあった、cat、countline、tail、headを書き、コンパイルと動作の確認。最後に練習問題を解いて、今日の勉強は終了。第2章まで。

ちなみに、tailは、なにも参考にしないと

main = do cs <- getContents
          print $ lastNlines 10 cs

lastNlines n cs = unlines $ reverse $ take n $ reverse $ lines cs

と書いてしまうような感じがする(良いか悪いかは分からないけど)。

Tags: Haskell

_ 忘却の船に流れは光 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)(田中 啓文)

田中啓文の作品は、結構読んでいると思うのだが、これはちょっと頂けない。

いや、読了した人の90%が思うであろう「長編でオチはあれかよ」ということではなく、全編に渡って展開されるエログロ描写が生理的にダメ。

短編ならば、これでもいいんだけどなー。長編になると、もう勘弁してという感じだ。

_ できごと

  • 木枯らし1号が吹いたとのこと。どうりで寒い訳だ。
  • 町内会の仕事でアンケートと募金の回収。