«前の日記(2006-04-29(Sat)) 最新 次の日記(2006-05-01(Mon))» 編集

[email protected]



2006-04-30(Sun) [長年日記]

_ bsdpan-*を初めて知った

cpanを使ってインストールしたモジュールをFreeBSDのpackageとして登録してくれるフレームワークっぽい(たぶん)。

今までPerlのモジュールは全部portsでインストールしていて、Plaggerをインストールするまでcpanを使ったこともないという軟弱者のため、全然知らなかった。

前々からpkgtools.confの

HOLD_PKGS = [
  'bsdpan-*',
  ......
]

という記述はどういう意味なんだろうな、とは思っていたんだけども。

cpanとportsのモジュールが混在すると管理が大変になるかもなぁ、とちと心配していたのだが杞憂になりそう。

Tags: FreeBSD Perl

_ Encode::Detectのインストールに失敗していたっぽい

Plaggerをmakeした時にログを読み飛ばしていたので、今まで気付かなかった。

cpan -i Encode::Detect

した際に

cc  -shared  -L/usr/local/lib EncodeDetect.o  -o  blib/arch/auto/EncodeDetect/EncodeDetect.so
cc: EncodeDetect.o: No such file or directory
cc: No input files specified

というエラーが吐かれていた。

本家を見たところ、こんなバグ・レポート があった。うは、5ヶ月間も音沙汰なしなんだ。

Perl初心者のため、かなり迷ったが、色々とググってみたところ、cpanを使わなくても、Build.PLを使ってインストールできるらしいことが分かったので、下記の手順で無理矢理インストールしてみた。

portinstall /usr/ports/devel/p5-Data-Dump
cd /path/to/.cpan/build/Encode-Detect-0.01
perl Build.PL
./Build build
./Build install

devel/p5-Data-Dumpは、バグ・レポートで依存しているモジュールと書かれていたので、念の為、インストールしておいた。

手元のPlaggerは動いているけれど、上記の手順で問題なく動作するかどうかは不明。あと、cpanを使っていないため、bsdpanとしては登録されないっぽい。

_ UMAハンター馬子―完全版〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)(田中 啓文) & UMAハンター馬子―完全版〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)(田中 啓文)

正直、軽い文体があまり俺の好みではなかったのだが、マニア心をくすぐるお遊びが随所にあって楽しめた。

とりあえず、ぱっと思い付くのは

  • タイトルは『妖怪ハンター ヒルコ』(諸星大二郎の『妖怪ハンター』の無残な映画化)のオマージュ(ではないかと勝手に思っている)。第5話『水中からの挑戦』は、もろに妖怪ハンターだし。
  • 第4話『恐怖の超猿人』が『インスマスを覆う影』のオマージュ
  • 最終話に登場するヨグ・ソトホートのダジャレ(電車の中で変な人化した)

ってな感じで、まぁ、随所と言いながら、3つしか思い付かないのだが。

最終話を除いて、毎回、読者サービスがあるので、そっちの意味でもお得だ。*1

*1 ただし、典型的な大阪のおばさんに萌えることができる人向け。

_

久しぶりの陽気だった所為か、昼間は近付いても起きないくらい、すやすや眠っていた。

Hachi

Hachi's legs

_ できごととか雑感とか

  • 初夏を思わせる陽気だった。
  • 赤ちゃんが産まれたご近所を訪問。えれーかわいい子でしたよ。