«前の日(06-09) 最新 次の日(06-11)» 追記

[email protected]



2002-06-10(Mon) この日を編集

_ 午前中

暑い中、30分歩いて、お客さん訪問したり。

ちょっと業者とモメたり。責任の所在がどこにあるか分からない人は困ります。

暑かったし、疲れた。

_ Bookoff

帰社途中に、Bookoffに寄る。

今日の戦利品。

_ 午後

お客さんからリクエストがあったので、sambaについて調べもの。

_ 90年代SF傑作選(下)

1週間近く前に読み終わっていたんだけど、書き忘れていた。

ベスト3は、こんな感じ。

_ 全体的にどの作品も良かった。お薦め。


2003-06-10(Tue) この日を編集

_ 仕事

午前:大量発生した事務仕事を片付ける。そこら中にTELしまくり。

午後:バグフィックス作業。その後、会社の片付け。ものすごい勢いで不用品を捨てまくり。*1

疲れた。

*1 公私とも掃除してばっかりだな > 俺

_ FreeBSD 5.1-RELEASE

出た。

うーん、保守的な俺は5.2-RELEASE待ちですな。


2004-06-10(Thu) この日を編集

_ 仕事

客先訪問。

思わぬ顔見知りと遭遇して、ちとビビる(向こうは気付かんかったけど)。


2005-06-10(Fri) この日を編集

_

興味深い。

テプラか。あると便利そうだが、ちと重いかも(最近のは軽いのかな?)。

あと、俺の場合はUSBメモリによく使うソフトを入れて持ち歩いているな。

Tags: メモ

_ 残光 (ハルキ文庫)(東 直己)

もう、これは東ファンのための小説と言っても過言ではないんじゃなかろうか。

「フリージア」の続編と言うことで、健三ほか、「フリージア」の登場人物と、前作にも登場した桐原・相田コンビ*1は当然のことながら、「俺」シリーズの「俺」、松尾、高田が関わってくる豪華さに狂喜乱舞ですよ。

反面、他の東作品を読んでいない読者にはちと辛いかなーという感じがしないでもないが、ま、俺は前作に輪をかけて面白かったので良しとする。

*1 あの相田がああなるとは! 読んだ瞬間に作者の才能に鳥肌が立った

_ ports作成についてのメモ

空ディレクトリをportsに含める場合は.keepmeのようなダミーファイルをディレクトリ中にtouchしておき、そのファイルをpkg_plistにリストしておく。

Tags: FreeBSD

_ 最終版リリース

バージョンを上げておいた。

これで最後か。ホントに残念。

Tags: PHP

2006-06-10(Sat) この日を編集

_ gmirrorトラブル

またdetacheされた。

Jun 10 03:06:18 maguro kernel: ad4: FAILURE - device detached
Jun 10 03:06:18 maguro kernel: subdisk4: detached
Jun 10 03:06:18 maguro kernel: ad4: detached
Jun 10 03:06:18 maguro kernel: GEOM_MIRROR: Device gm0: provider ad4 disconnected.
Jun 10 03:06:18 maguro kernel: g_vfs_done():mirror/gm0s1g[READ(offset=111212836864, length=2048)]error = 6

一昨日、試しにad4を外してからrebuildしてみたんだけど、それが関係しているのかな。

うーん、来週の頭にでも新しいHDD調達しよう。

Tags: FreeBSD

_ NHK教育「中国映画を支えた日本人・"満映"映画人 秘められた戦後」

満映でフィルム編集職員をされ、敗戦後も中国に残り共産党のために映画制作指導をされた女性*1を中心にしたドキュメンタリー。

チャンネルザッピングをしていて、たまたま見たのだが、非常に面白い内容だった。

満映で映画制作をしていた日本人女性ということで、もろに 龍(RON) (1) (ビッグコミックス)(村上 もとか)を連想してしまい、もしかして、龍の妻、ていのモデルなんじゃないかとか思ってしまったり。

エセ軍ヲタ的にも、国共内戦の共産党側のプロパガンダ映画を日本人が撮っていたというあたりが興味深かった。

そう言えば、プロパガンダ映画に映っている両軍の武装は何だったかな。酔っていて良く分からなかった。録画したので後で確認しておこう。やっぱり三十八年式小銃とかかな。

Tags: 軍事

*1 余談だが、85歳と言うことだったが、70歳くらいに見える。


2007-06-10(Sun) この日を編集

_ RubyKaigi2007 2日目

今日は私用でスキップ。

かなり残念。特にDave Thomas氏の講演が聞けないこととか。

_ さよならテリー・ザ・キッド - hon-ninの麻生久美子さんインタビューが面白すぎる

『時効警察』でファンになったんだけど、すごい人だな。

ってことで、hon-nin、あとで買う。

_ 山手線内の英会話のCMに出てくるジョナンナ先生ってかわいくね?

ファン繋がりで思い出したけど。

へー、マジに英会話教師なんだ。モデルかと思ってた。

_ 新装版 アメリカの日本空襲にモラルはあったか―戦略爆撃の道義的問題(ロナルド シェイファー/深田 民生)

第二次世界大戦中、一般市民の殺傷を目的として、アメリカによって行なわれた日独に対する戦略爆撃。そのような作戦を立案した軍人、それを技術的に可能とした科学者、そして、最終的に許可した政治家といった人的要素について考察したものが、本書『アメリカの日本空襲にモラルはあったか』である。

冷静な視点で、戦略爆撃についてがどのように一般市民を巻き込むようになったかについて緻密に考察しており、高く評価できる一冊だった。

本書を読んで、驚くのが、米陸軍航空軍が、紆余曲折はあったものの、既に1920年代にはジュリオ・ドウエット(ドゥーエと呼ばれることも多い)の理論を基礎として、一般市民を対象とする爆撃を視野に入れていたことである。このような考えに基づき、アメリカは第二次世界大戦に参戦前である1941年夏には、一般市民への攻撃も含んだ戦略爆撃計画を策定することになる。

航空将校が心理的抵抗を感じることなく、上記のような計画を立案した(さらには、その後、指揮した)背景には、彼らが若手将校だった時に事故死がありふれたものであったことがあるという、著者の重要な指摘がある(p.29)。絶えざる死という現実に晒された結果、彼らは死について、諦観を覚え、より「現実的」になったという。

それを証明するものの一つが、1942年の東京初空襲を指揮したドゥーリトルが飛行教官だった時のエピソードだろう。ドゥーリトルが生徒を訓練している時、目の前で訓練生の飛行機が墜落した。ドゥーリトルは事故機に目を向けようとせず、別の生徒に「次!」と言った。それを見ていた別の教官にそのことを非難されたドゥーリトルは「死んだ子のことは今晩考える」と答えたと言う。

この結果として、彼らは第二次世界大戦中、「死とは敵軍ばかりではなく敵国市民の死でもあり、彼らの多くは敵国市民の死傷者を自分らの仕事の必然的結果として受け入れ(p.31)」るようになった。

しかし、たとえ死に慣れていたとしても、決して航空将校たちは性根から冷酷になった訳ではない。さらには、一般市民をも標的として爆撃計画には、軍人ばかりではなく、死に慣れている訳もない、科学者や政治家も関わっていた。では、なぜ、彼らは、敵国民だとはいえ、女性や子供を殺傷することに表立って異議を唱えた人間が少なかったのか。著者は社会心理学者アービング・L・ジェニースが「集団思考」と呼んだ心理的防御の集団的パターンを用いて次のように説明する。

集団思考の影響を受けた人々は、誤った認識に陥り、自己満足的、無批判的、非合理的なほど楽天的になった。彼らは(中略)スローガンやイデオロギー的な決まり文句を使って敵について討議した。異論をもっていたメンバーは(中略)表面上の合意を乱すことを恐れた。(p.260)

このような心理の元、ドレスデン大空襲と東京大空襲は実行され、広島と長崎に原子爆弾が投下されることとなったのである。

本書については、内容と同様に、その価格面においても高く評価されるべきだろう。300を超えるページ数でありながら、1,470円(税込)という価格設定は、旧版が2,625円(税込)であったこともあわせて考えれば、文句なしと言えるものだ。このような良書が手に入れやすい価格帯で販売されている意義は大きいものと思う。

ただ、本書にも難点はある。

まず、ホワイトハウスから連なる命令系統図もしくは組織図が掲載されていないこと。戦争を扱っている以上、様々な人名が登場するのは当然なのだが、誰がどのポストに就いていたのかが分からず、確認するためにいちいち前を読み返さなくてはいけなかった。読者のリーダビリティ向上のためにも、付録として、なんらかのチャートが欲しかった。

次に、発言や引用の出典が書かれていないこと。ノンフィクションとして信頼性を増すためにも、出典一覧は欠かすことが出来ないものではないのかと思う。*1

最後に──これが最大の問題だと思うのだが──本書のタイトル『アメリカの日本空襲にモラルはあったか』が内容に合っていないこと。日本と同じ程度のページ数で、ドイツへの戦略爆撃を論じていることや、原書のタイトルがWings of Judgment: American Bombing in World War IIであることを考えれば、『アメリカの戦略爆撃にモラルはあったか』くらいが適当ではなかっただろうか。

内容・価格ともに高く評価できるものだけに、上記の点は非常に残念だった。

最後に個人的見解を。

はたして、アメリカの日本空襲にモラルはあったのか?

答えはノーである。たとえ、米軍に道徳的な問題を感じた者がいたとしても、軍の方針が敵国一般市民の殺戮を容認するものだった以上、それは個人的な感情にすぎない。その点については非難されてしかるべきだろう。しかし、翻ってみて、日本が戦時中に軍の方針として行なった作戦にモラルはあったのだろうか。著者の言葉、

これまでの戦争で人々がお互いに対し何をしたか、どのように、なぜおこなったかをよく考える必要があるだろう。(p.303)

を念頭において、戦争という行為自体について、改めて考えてみる必要があるだろう。

戦争について冷静な視点で考えてみたい人にお薦めしたい良書である。

なお、本土空襲について、日本側から見た防空戦については 死闘の本土上空―B-29対日本空軍 (文春文庫)(渡辺 洋二)をあわせて読むことをお薦めする。東京大空襲の日、少数の邀撃機しか出撃しなかった理由をはじめとして、日本側の実態が良く理解できるものと思う。


新装版 アメリカの日本空襲にモラルはあったか―戦略爆撃の道義的問題

  • ロナルド シェイファー、深田 民生
  • 草思社
  • 1470円
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/歴史・記録(NF)

*1 原書にも出典一覧は掲載されていなかったのだろうか? 原書がアメリカで出版されたものであることを考えると、そうではないと思うのだが。


2009-06-10(Wed) この日を編集

_ 為替取得CustomFeed Scriptをアップデート

http://github.com/poppen/plagger/blob/master/assets/plugins/CustomFeed-Script/currency.pl

こないだ書いたcurrent.plの日付処理が適当だったので、Finance::Currency::Convert::WebserviceXが返すHTTP::Responseオブジェクトを参照するように変更した。

Tags: Plagger Perl

2012-06-10(Sun) この日を編集

_ 佐川萌え(坂口さゆり著)

佐川萌え(坂口 さゆり/杉山 悠/冨士原良)

レビュープラスさんから献本いただきました。

この本を読むまで全然知らなかったんだけど、世の中には「佐川萌え」なる言葉があるらしい。

別に佐川急便の飛脚ロゴ(あ、もう違うか)に萌えるという訳ではなく、ブルーの横縞の制服を着たセールスドライバのおにーさん方に萌えるそうな。

佐川急便っていうと、一昔前には、時間指定しても時間に届かないとか、「こわれもの」で送っても壊れて届いたとか、そんな話ばっかりだった気がするんだけど、時代が変われば変わるもんですなー(あくまでも個人の印象です)。

本書によれば、「佐川マン*1 = 爽やか」というイメージらしいんだけど、どうにもこれには同意できかねる。

だって、うちにAmazon箱持ってきてくれるおっちゃん、良い人だけど、爽やかという印象とはかなり方向性が違う感じだよ!

そんな訳で、のっけから同意しかねる感じで読んだ本書だけども、内容が内容だけに「佐川すごい!」っていう話ばかりで、正直、辟易しないでもなかった。まぁ、タイトルが『佐川萌え』なんだから、ドロドロした話は書かないよね。

第1章〜4章では佐川流の人材育成術が紹介されている。まぁ、ことさらスゴい話書いている訳ではなく、言ってみれば当たり前のことばかりなんだけど、「正しい言葉遣いや敬語の使い方を学ぶ」なんて、最近は友達口調が親しみを出していると勘違いしている人もいるので重要かなーと思ったり。

「指導者は誉めるが先、注意があと」あたりも、やりたいと思っても、なかなかやれないので、肝に銘じておきたいところ。

第5章では佐川急便初の女性店長になった社員の奮闘記が書かれている。男社会だけに(ぼやかしているが)色々と苦労があったようで、なかなか興味深かった。

店長の「労働時間を短くすることを目指す」という言葉に、「建て前ばかりじゃないやっていけないよね」と頷いたり。

ちょっと感動したのが、最終章に書かれた東日本大震災での佐川急便の活動。ドライバたちも被災していたにも関わらず、3月17日には被災地での営業を再開したという努力には頭が下がる。

「復旧支えたドライバーの矜持──ヤマト運輸の10日間」と一緒に読むと、より一層興味深く読めるのではないだろうか。

想定する読者層が「萌え」な人たちなので、薄い内容になってしまっている感がある。あくまでも30分〜1時間くらいで、ざっと読みたい人向きの本。これで佐川流のマネジメントを学びたいと思う人は、別の本を読むなり、違うアプローチを取るなりした方がいいだろう。

Tags: 書評

*1  セールスドライバのおにーさん達をこう称するそうです

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ 反セクハラ [書き方が男性へのセクハラじみていて不快になった。 「ハーフパンツを投入し、ふくらはぎを露出した」、「走った時にマッ..]


2013-06-10(Mon) この日を編集

_ オレオレGTDから脱却すべく『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』を読んだ

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術(デビッド・アレン/田口 元)

タスク管理をRemember The MilkからToodledoに乗り換えしたついでに、自己流だったGTDを見直してみることに。

ということで、『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』を今さらながら読んでみた。いや、もう数年前に買ってあって、ずっと積ん読だったんだけどね……。

感想を一言で書いてしまうと「もっと先に読んでおけばよかったなぁ」というもの。

これまで必然性もなく適当に終了日をつけたタスク(そして、いつまでもリストに残ったまま!)や、「プロジェクト」リストのタスクが「次にやるべき行動(Action)」に反映されていないなど、 やってはダメなことをやりまくっていて、結局、GTDが出来ていなかったんだなぁと猛烈に反省させられた。

特にはっとさせられたのが

  • 「次にやるべき行動(Action)」リストのタスクは100個以上あるのが普通(あんまりありすぎるとまずいかと思って、すぐに手をつけられないタスクは「プロジェクト」リストに回していた)
  • タスクの状況に合わせて「会社」や「自宅」などのコンテキストをつける(今までこれをやらなかったのでタスクを効率的に消化できなかった)

あたり。うーん、やっぱり、いきなり自己流でやるんじゃなくて、守破離の精神が大事なんだよなぁ。学ぶっていうのは、なんでもそうだけど。

GTDをやっている人も、これからはじめようとしている人も、未読であれば、絶対読むべき本ですね。

Tags: GTD