«前の日(06-06) 最新 次の日(06-08)» 追記

[email protected]



2002-06-07(Fri) この日を編集

_ めちゃくちゃ暑い

ちょっと外を歩くだけで、汗ダラダラ。

_ 総務・経産省、「!広告!」マークを「未承諾広告」に改定へ

片山さんの日記から。

お役人の考えることは訳が分かりません。

_ 帰路

東上線が人身事故で止まっていたので、埼京線で迂回して帰宅。疲れた。


2003-06-07(Sat) この日を編集

_ 仕事

今週は出掛けてばかりだったので、お客さんより依頼されていたバグフィックス*1をするため出社。落ち着いて作業ができると思っていたら、昼すぎにお客さんより「来てくれ」コールがあり、お客さん訪問へ。

2時間くらいの肉体労働作業後、来週の仕事について打ち合わせ。終了後、少し早かったが直帰した。

うーん、結局、バグフィックス作業ができんかった。

*1 緊急を要するものではないんだけど。

_ 購入

ビックカメラ小田急店にて。

自宅のノートPC用に購入。セールで5000円くらい。

1人で7台くらい買っている人がいますた。転売屋さん?

_ navi2ch

今さらだけど、navi2chをインストールしてみた。*1

ブラウザで2chの読み書きをしていたのが、バカみたいに思えてくる便利さです。

*1 ports使用。


2004-06-07(Mon) この日を編集

_ 仕事

今日は特に急ぎの用件もないので社内サーバのメンテでもするかと呑気に考えていたら、電話がかかりまくってかなり忙しい風味。

10MBのファイルをメールに添付して送りたいと言われ、ぶっ倒れそうになる。WebDAVでも導入してみるか。

_ Maxtor

在庫になっているMaxtorのHDDのRMA期限を確認。

今年の終わりで切れるもんがあるな。

ちなみに2ch自作PC板のMaxtorスレによると、8MBキャッシュ以上、120GB以上の条件に該当するHDDのRMAが3年、それ以外は1年ということらしい。もちろん、Maxlineシリーズは上記に該当せずとも3年保証。

_ 京ぽん

昼休み中にカスタマーサポートに電話を入れたが繋がらず、面倒くさくなったので帰宅後、webフォーム経由で連絡しておいた。

次ファームで直っていることに期待。


2005-06-07(Tue) この日を編集

_ 今日のできごと

以前、少しだけ一緒に仕事をした業者からTELあり。事業撤退とか言われ、寝耳に水なことなのでビビる。後始末をこっちに回してきそうな悪寒。

その後、昼食を挟んだ長い打ち合わせ。

終了後、退勤まで提案書書き。採用されたら、すげぇ大変になりそうなので、どうししたらいいか分からん。

_ p2拡張パックをsubversionで管理するようにした

アップデートが面倒で、なかなか最新版に追随することができなかったのだが、自前のsubversionで管理するようにした。

これでバージョンアップが楽になる(はず)。

Tags: PHP

2006-06-07(Wed) この日を編集

_ gmirror再開

やっと外回りも落ち着いたので、gmirrorでエラーを吐いてから電源を切りっぱなしだった、PE SC430に火を入れてみた。

gmirror関係のエラーを腰を落ち着けてググってみたところ、GEOM problems again...ってなスレッドを見付けた。手元の環境で起きている状況とほぼ一緒。スレッドは2通。どちらもMaxtorのHDDだと言うことがちと気になるけれども、これは関係ないかな。

HDDを買い替えるのは次の手段として、とりあえず、/boot/loader.confに

hw.ata.ata_dma="0"

を書いてみた。心配していた速度低下も体感で分かるほどではない(あまりヘビーな使い方はしていないけれど)。

これがダメで、HDDを交換してもダメになると、次の手は

  • stableにバージョンアップ
  • サーバ機を交換(PE 830あたりか?)

かなー。

Tags: FreeBSD

_ portsを最新に追随したら、www/linux-firefoxでもboldとitalicが表示されるようになった

portupgrade時のログを採り忘れたので、どのportsが影響しているか分からないんだけど。

linux-firefoxを使う上でフォント関連だけがネックだったので非常に嬉しい。

_ gmirrorを追うためにfreebsd-{question, stable, geom}を購読した

Gmailで購読したので、たまに検索をかければいいや(ぉ。

Tags: FreeBSD

2007-06-07(Thu) この日を編集

_ 夜愁〈上〉 (創元推理文庫)(サラ ウォーターズ/Sarah Waters/中村 有希) 夜愁〈下〉 (創元推理文庫)(サラ ウォーターズ/Sarah Waters/中村 有希)

かつて「このミステリーがすごい!」において、二年連続で海外部門一位に輝いたサラ・ウォーターズの最新作が本書『夜愁』である。

本書は、第二次世界大戦の戦中・戦後を通じて生きる人々の人間模様を綴った小説である。ミステリー小説ではあるが、 作中では殺人事件といった劇的な事象は起こらない。あくまでも登場人物たちの人生が描かれるのみなのだが、彼らが 心の闇に隠している真相や人物関係の謎が、過去が語られることにより徐々に明らかにされるという構成を見れば、 ミステリー小説であるということは納得できるものと思う。

物語は、戦争の傷跡が残る1947年のロンドンより始まり、1944年、1941年と時間を遡りつつ展開していく。 1947年の現在において登場人物たちは、日々を生きながらも、皆それぞれ、人生に閉塞感を覚えている。 たとえば、ケイは怪しげな医者の家の屋根裏部屋に住み、金や時間に不自由しない身でありながら、孤独で無為な毎日を過ごしている。 レズビアンのカップル、ヘレンとジュリアは互いの心がすれ違い始めていることを感じ始めている。 ヴィヴは、妻子ある男性との報われない不倫に悩み、ヴィヴの弟で、元服役囚であるダンカンは、「叔父」と奇妙な共同生活を送り、 自分が投獄される原因となった事件よって受けた心の深い傷に苦しめられている。

時代を遡ることにより、彼らがどのように出会い、どのような過去を抱えているかが、明らかになっていくのだが、 ここで注目すべきは、ストーリーが1941年で終わり、1947年に戻らないということである。解説において、若島正氏は下記のように 述べている。

通常の推理小説では、過去が解明されると、物語は現在に戻り、犯罪によって失われていた小説世界の秩序が一定の回復を見る。(p.331)

ところが、本書では、小説内の現在である1947年に視点が戻ることはない。つまり、閉塞感に包まれた1947年には何の救いももたらされないのだ。

上記の時代を遡るというストーリーが本書の大きな特徴の一つだとすると、もう一つの大きな特徴が、登場人物が隠す「規範からの逸脱」である。

特に同性愛については顕著である。たとえば、女性の登場人物のほとんどは同性愛者であるし、数少ない男性の登場人物も何人かは 同性愛的傾向を持っているように見える。若島正氏は本書に登場する同性愛について下記のように述べている。

国民が一丸となって戦争勝利という目的に邁進することを要求される時代においては、規範から逸脱することが非国民扱いされる原因になりえたのである。(p.330)

付け加えるならば、作中では直接言及されてはいないが、同性愛は当時のイギリスでは、懲役刑が下される可能性があるほどの重罪とされていた事実である。

たとえば、現代計算機科学の父と言われる アラン・チューリング は、戦争に勝利することに多大な貢献をしたにも関わらず、戦後、同性愛者だということが発覚すると、 収監はまのがれたものの、保護観察処分となり、女性ホルモンを投与されるという矯正処理を受け、遂には自殺することなった。

同性愛が犯罪であったという事実を認識すれば、作中で描写される、自殺、堕胎、良心的兵役拒否という、同様に犯罪とされていた行為が すべてリンクしていく。著者は、本作を通じて、戦時体制のイギリスがいかに個人の権利を抑圧していたのかを浮き彫りにしようと考えたのではないのではないかと思う。

出口の見えない現在と個人の権利を抑圧していた戦時体制下のイギリスを描くことにより、著者が語りたかったことは何なのか。 それはラストの情景に集約されているものと思う。元々、人生は出口など見えない暗いものなのだ。そんな人生だからこそ、また美しいものの輝きを見ることができる。 そのようなことを語りたかったのではないかと考えている。

本書は決して優しい小説ではない。何事かを雄弁に語り掛けてくる訳でもなく、心から楽しめたという読後感を提供する訳でもない。だが、読者は、本書を読むことにより、 本書からしか得るのことのできない感動を覚えるはずである。そのような感動を味わえるということこそ、読書の楽しみの一つであると思う。

心底、読書が好きな人にこそお薦めしたい作品である。


夜愁

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/ミステリ・サスペンス

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ さすらいの読書人 [ていねいに小説をお読みになる方だと、書評を読み、感心しました。貿易センター事件を受けて2001年から英国も戦時体制に..]

_ poppen [> さすらいの読書人様 コメントありがとうございます。 911後の戦時体制については、まったく頭になく、目から鱗から..]


2009-06-07(Sun) この日を編集

_ 為替を取得するCustomFeed Scriptを書いた

Perl初心者だけど、Plaggerで為替を監視したくなった。

Perlでやりたいことがあれば、まずCPANを探せということらしいので、検索してみたところ、Finance::Currency::Convert::WebserviceXを発見。 これを利用して、CustomFeed Scriptを書いてみた。

http://github.com/poppen/plagger/blob/master/assets/plugins/CustomFeed-Script/currency.pl

使い方はこんな感じ。

/path/to/currency.pl usd jpy # ドル相場を知りたい時

相場はいくつでも検索できるので、

/path/to/currency.pl usd jpy \
                     gbp jpy \ # 英ポンド
                     eur jpy   # ユーロ

みたいな感じにできる。

取得日時の処理が実は適当なので、あとでFinance::Currency::Convert::WebserviceXの中身を読んで考えてみる。

Tags: Plagger Perl

_ 為替を監視したくなった理由

別にFXで一攫千金! とかいう訳じゃなくて、ポンド安になった時に、Amazon.co.ukからBle-rayディスクを安く輸入するためだったりする(参考:Blu-ray Disc 輸入盤 @ wiki - トップページ)。

これだから金が貯まらんのだよなー。

Tags: 物欲

_ 先週読んだ本

「今週読み予定の本」を書き忘れていたので実績版。

戦争サービス業―民間軍事会社が民主主義を蝕む
ロルフ ユッセラー/Rolf Uesseler/下村 由一
日本経済評論社
¥ 2,940

ウォーター・ビジネス――世界の水資源・水道民営化・水処理技術・ボトルウォーターをめぐる壮絶なる戦い
モード・バーロウ/佐久間智子
作品社
¥ 2,520

おやじがき―絶滅危惧種中年男性図鑑
内澤 旬子
にんげん出版
¥ 1,365

連日外回りだったせいか、帰宅→BTNQな毎日だったので少なめ。

イチオシは『戦争サービス業』。 新自由主義が軍事をどう変え、どう民主主義の根幹を揺がしているかを描いている。 軍事に興味がない人にも読んで欲しい一冊。 感想はあとで書く。

Tags: 読書

2013-06-07(Fri) この日を編集

_ tDiaryをgem版に移行した

ものすごいめんどくさがりなので、gitを使うようになって多少楽になったとはいえ、おっくうでtDiary最新版にアップデートするがなかなかできなかった。

「chefはちょっと違うしなー」「capistrano使えば、もうちょっと楽できるかなー」なんてことを考えていたら、machuさんがtDiarytDiary-contribをgem化したとのお知らせが!

まだ、正式版ではないということだけど、gemだけでtDiaryの更新できてしまうなら、こんなに嬉しいことはないってことで、さっそく導入した。

といっても、やり方はとても簡単で、machuさんの日記に書いてある通り(と書いて済ます)。

これだけだとアレなんで、ちょっとだけTipsを書いておく。

tDiary-contribについてGemfileの修正

正式版になっていないせいだと思うけど、GemfileのtDiary-contribの部分を

gem 'tdiary-contrib', :git => '[email protected]:tdiary/tdiary-contrib.git'

とgithubの方にしてあげないといけなかった(もしかして、もう必要ないかも)。

GFMスタイルを有効化

日記を更新したついでに、日記フォーマットを慣れているGFMスタイルに変更した。

以下のようにgfm_style.rbをコピーしてあげる必要がある(例はrbenvを使用)。

% cd /usr/local/rbenv/versions/2.0.0-p195/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/tdiary-3.2.2.20130604
% cp misc/style/gfm/gfm_style.rb tdiary/

あとはtDiaryディレクトリのtdiary.conf

@style = 'GFM'

を書いてあげるだけ。

あと、tDiary-contribのpygments_css.rbも有効化するといい感じになる。

tDiary Serverをupstartで管理

tDiaryを起動する方法は色々あるけれど、せっかくtdiaryコマンドがあるので、こっちでどうにかしたい! ってことで、upstartで管理することにした。*1

こんな感じのスクリプトを/etc/initにinstallして、

% sudo initctl start tdiary-server

で起動。あとはnginxなり、apacheなりからproxyで見られるようにすればいい。

nginxを使っているので、こんな感じに設定した。

日記テーマを変更

今のところ、日記テーマは

  1. デフォルトのものを使う
  2. 自分でtDiary gemのディレクトリにコピーする

というオプションしかないんだけど、デフォルトではちょっと味気ないし、gem入れ換える度にテーマをコピーするのもめんどうだし、ということで、append-css.rbを使って、ガッとCSSを書いてしまった。

といっても、たださんのgustavテーマを丸コピーして、写真をうちの愛犬ハナに入れ換えただけなんだけど。smiley_cat

アップグレード方法

アップグレードの方法はとても楽チン。

% cd /path/to/tdiay
% bundle update

だけ(今回は3.2.2.20130518から3.2.2.20130604にアップグレード)。もちろん、日記スタイルを変更する時には、上記の方法でGFMスタイルを有効化しないといけない。

まだ正式版ではないので、自作テーマやプラグインのインストールなどにworkaroundが必要だけど、とても便利で、これならスーパーめんどくさがりの俺でも最新版に追随できそう。

導入の簡単さから言えば、WordPressにも匹敵するのではないだろうか。WordPressはインストールが簡単といいつつ、MySQL設定したり、Webサーバ設定したりいけないしね。

machuさん plus1

Tags: tDiary

*1 daemontoolsで管理する方法もあると思う。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ まちゅ [詳細レポート参考になります。 次バージョンのリリースまでに、自作のプラグイン、テーマやgfmスタイルは、設置ディレク..]

_ ぽっぺん [おお、敷居が下がりますね! 期待しています!plus1]